振袖前撮り写真

↑クリック↑


振袖まとめTOPページへ

成人式では王道とされている造花で出来た髪飾り。実際に成人式を迎えた新成人は王道の造花で出来た髪飾りを使っている?それとも最近多く見かける生花?髪飾りに迷っている人はご参考に‼︎

 

 

  • <本調査に関して>

#振袖gram 運営会社株式会社ラナルータ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 :内田洋貴)が運営する#振袖gram札幌店 #振袖gram新潟店)以下、#振袖gram(https://www.furisode-gram.net)」は、札幌市で成人を迎えた新成人を対象に髪飾りは造花の髪飾りを使用したか?それとも最近多く見かける生花を使用したのか、また他のものを使用したのかの調査を行いました。

  • 調査概要

調査内容:成人式で使用した髪飾りの種類調査
調査対象:札幌市で成人式を迎えた新成人の女性100名
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月日~11月日まで

  • サマリー

最近、成人を迎えた新成人は、髪飾りなどもおしゃれに最先端のトレンドを入れたいと考える方が多く、トータルコーディネートで考えて髪飾りを選択している方が多いことが伺えます。その結果からも、近年は造花の髪飾りの需要が減ってきており、生花や水引きなどを使ったトレンドを重視した髪飾りを好む方が多くなってきていることが伺えます。また、多彩なカラーに柔軟に対応できる生花や水引きなどが多く使用されてきている背景には、振袖のデザインに和柄よりもポップな柄を使用した振袖やカラーが多彩で様々なムードを演出できる振袖が多く見受けられることが関係しているのではないかとも考えられます。

札幌市で2021年に成人式を迎えた新成人は造花でできた髪飾りは半数の結果に。そもそも、髪飾りは振袖の流行りの柄とともに形態も種類も変化しつつあることが伺えます。

  • 調査結果

「Q1.成人式の髪飾りはこだわって選びましたか?」と質問したところ、「はい」が83%、「いいえ」が17%という結果になりました。

「Q2.成人式の髪飾りは造花でできた髪飾りでしたか?生花でしたか?それ以外でしたか?」と質問したところ、「造花のみ」が39%、「生花」が16%「その他(記載)」が45%という結果になりました。

その他の方の多くは、
・「造花とちりめん細工の組み合わせ」
・「造花と水引きの組み合わせ」
・「水引きのみ」
・「レースとパール」
・「造花と生花」
などでした。

「Q3.髪飾り選びにどれくらい時間をかけましたか?」と質問したところ、「10~20分」が67%、「30分~40分」が27%「50分以上」が6%という結果になりました。

「Q4.選ぶ際に振袖以外に何を考慮しましたか?」(自由記載)と質問したところ、
・「ヘアメイクのことを考えた。」65%
・「既に髪飾りは決めていた。」
・「お店の人に組み合わせてもらった。」
・「流行を取り入れた。」
などの回答でした。

成人式を迎えた新成人のうち、造花のみで出来た髪飾りを使用した人は39%の新成人がいました。
造花のみならず、様々の組み合わせで髪飾りを選んでいる新成人を多く見られました。
振袖との組み合わせの他にヘアメイクと合わせることを考えた人は65%と半数以上を占めており、振袖の他にヘアメイクによって髪飾りを考慮する方が多いことから、トータルバランスで選択している方が多いことが伺えました。
近年流行の振袖柄に造花を合わせるよりも他のものを髪飾りとして使用する背景には近年流行の振袖は和より洋が目立つことがあると伺えました。
約80%の方がこだわりを持って髪飾りを選んでいたが、所要時間はそんなに長くなく、イメージにあった髪飾りを考えて選んでいるようでした。

髪飾りが与えるイメージの重要性
2021年に実施の成人式に参加した人のうち、造花でできた髪飾りを使用した方は39%と半数を切ったことから最近では使用されることが少ないことがわかりました。代わりに、生花やそのほかの解答が多く見受けられることから、トレンドによって、草履やバックのように移行していくことがわかりました。
造花の髪飾りを使用しなかった方の多くは、振袖とイメージが合わなかった、最近では水引きが流行っているからという方が多い結果になりました。
この他にも、リボンやパールなど、従来の振袖の固定概念を覆すような髪飾りも使われていることがわかりました。

  • まとめ

今回、札幌市で成人式を迎えた新成人の皆さんが回答をした「髪飾り」に関する調査結果から、近年の札幌市の新成人は髪飾りは造花でできた歴史のある髪飾りなのか、また、他にどんな髪飾りがあるのかが明らかになりました。
まず、札幌市の近年の新成人は、振袖のデザインからか、造花の髪飾りを活用している人が少なかったということがわかりました。造花は使用しなくても、生花に和小物の鞠をモチーフにした飾りを組み合わせたり、造花と水引きを組み合わせて使用したりする方も多く見受けられました。加えて、ドライフラワーなどを使用する方も多く見受けられました。また、髪飾りの種類を知るきっかけは振袖屋さんで聞いて知った方や事前にInstagramやTwitter、TikTokなどのSNSを参考にされた方が多かったことからも、トレンドに合わせた髪飾りを選択していることが考えられます。

また、近年の流行の一つに、水引きを用いる新成人が多いことから、しっかりしている水引きは雪が降っても風がふいてもしっかりしており、崩れることを防げる為、使用している方が多くなってきているということが考えられます。
近年の新作や流行の振袖には、和モダンな可愛らしさもありつつ、大人っぽさも魅力的なデザインの振袖が多く流通されていることからも、単純に造花の髪飾り単体での使用から様々な飾りの組み合わせが進化してきているのかもしれません。
また、髪飾りはお店で提案されたからなどあまり成人式に思い入れや関心がないようにも見えた今回の調査結果から、そもそも、SNSが普及するこの世の中で、成人式に参加しないといった成人式離れを感じさせることから、成人式の楽しさや魅力、また、自分だけでなくここまで育った環境や家族に感謝をする日なのだということを広めていくことが大切と考えられます。親に感謝をしたり、家族でお祝いするといった参考例があまり出回っていないことも成人式から最近の新成人が離れていってしまっている原因の一つかもしれません。髪飾りに、日本の和を感じさせる水引きアートなどが流行しているにも関わらず、成人式への興味関心が低下しつつもあるというのは悲しいものですね。

ですが、もしかしたらSNSを通して成人式の振袖や髪飾りに関心を持ち、成人式や振袖、髪飾りなど歴史を感じさせるものたちが盛り上がる日がくるかもしれませんね。

#振袖gramとは?
ミスユニバースジャパンをはじめとする全国で開催している合同地方代表選考会ベストオブミスが行う若年層にSDGsや社会貢献活動の事を知ってもらいたい!!をテーマに活動中の振袖gramプロジェクトは『#振袖gram』のタグがついた投稿が1000に達することに全国各地で様々な社会貢献イベントをベストオブミスが開催する新SNS型社会貢献事業から誕生した成人式用の振袖レンタル専門店『#振袖gram』が札幌市白石区東札幌駅にニューオープン!!地域最大の振袖商品数で札幌にはまだ未入荷の東京や京都でしか取り扱いのない最新人気商品も多数あり新規オープンなので振袖も新品なのでレンタルしても新品をご利用になれます。

↓クリック↓

振袖前撮り写真